経理代行・記帳代行が750円から!?

「税理士の経理代行って、なんであんなに高いんだよ!」


これは私の事務所に経理の相談に来られたAさんの言葉です。

実は、Aさんは建設業を営んでおられ、1年ほど前 個人事業からめでたく法人成りをしたそうです。

その際に今まで奥さんがやってこられた経理を税理士さんに代行してもらう事にしたのですが・・・

どうもその税理士さんの料金に納得がいかなかったそうです。

初めての経理代行を税理士さんに依頼する方には、その料金の高さに驚かれる人も少なくありません。


もしあなたも、今の税理士さんの経理代行に不満をお持ちなら、5分だけこのホームページをお読み下さい。

きっとあなたに最適な経理代行が見つかると思います。


始めまして、私は大日経理会計センターの茶畑と申します。

 【自己紹介】
・簿記学習サイト「ぼきのき」管理者(yahoo登録)
・経理ホームページ「経理事務.com」管理者
大日経理会計センターの代表者

私がこのページを立ち上げた理由、それはとても単純です。それは、


経理の代行を通じて、「日本の中小企業を少しでもお支えしたい。」本気でそう思ったからです。


ところで、冒頭に登場したAさんですが、その後ある方法で経理を代行し、今はとても満足されているそうです。



■経理代行の料金を抑える方法とは!

実はその方法こそが、「経理代行センター」なのです。聞いた事ありますか?


この経理代行センターとは、税理士さんや会計事務所経験者が作るのが一般的で

その一番の特徴は経理代行料が安いことです。


もしあなたが、「最も安く経理を代行してほしい」とお考えなら、この「経理代行センター」をまずは調べてみて下さい。


税理士事務所より、はるかに安い料金で経理を代行してくれるのは間違いありません。



■経理代行センターの場合、税務申告はどうすればいいの?

ただ、ちょっと待って下さい。ここで一つ疑問に思う事はないですか?


「経理を代行してもらっても、『税務申告』はどうすればいいの?」


そうです。確かに、税務申告の代行は税理士しか出来ませんから、あなたが心配するのは当然です。

しかし、どうぞ安心して下さい。実はとても良い方法があるのです。

それはいわゆる「自主申告」という方法です。



「自主申告?!そんな事言われても申告書なんか自分で作れないよ!」



いいえ。

自主申告といっても何も自分で申告書を作るという訳ではありません。


実はある一定の書類さえ持っていけば、あの税務署職員さんが無料で申告書を作ってくれるのです。



「え、うそでしょ?」


 いえ本当です。



■経理代行を一番安くする方法は・・・

つまり、経理代行センターに経理代行をしてもらい、税務申告は自主申告をすれば税理士さんに月々高い申告料を

払う必要なんて全くないのです。


お分かり頂けましたでしょうか?

このように、経理代行センターに頼むと、料金が格段に安くなる、

うそのような本当の話が現に存在するのです。

自分で経理処理をする以上に安心で、かつ税理士事務所よりもはるかに安上がりなのです。

良い事づくめだと思いませんか?




■経理代行センターにも、一つだけ問題が。

ただこの「経理代行センター」にも、一つだけ問題があります。先に申し上げます。


それはこの経理代行センターがそう何処にでもある訳ではないという事です。

あなたのお近くに、「●●経理代行センター」なんて看板ありますか?

きっと見た事はないと思います。あればラッキーですが。


せっかく安いと分かっていても、近くになければ頼みようがありませんよね。



そこで私は、日本全国どこでも対応できる経理代行センターを作ることにしたのです。


それが今から紹介する「大日経理会計センター」です。



■とにかく安い経理代行料

この大日経理会計センターの最大の特徴はおそらく日本で最も「安い」という事です。


「百聞は一見にしかず。」

これが大日経理会計センターの料金プランの一つです。

なんと、1ヵ月750円~お任せ頂けます。

  個人 法人
初期登録料
(初回のみ)
5,000円 10,000円
記帳代行料(月額)
※仕訳数による
【1~50仕訳】 750円
【51~100】 1,500円
【101~150】 2,250円
【151~200】 3,000円

以降要相談
【1~50仕訳】 2,250円
【50~100】 4,500円
【100~150】 6,750円
【150~200】 9,000円

以降要相談
決算料(年に1回のみ) 記帳代行の2ヵ月分 記帳代行の2ヵ月分




(注)このプランは証憑の到着後およそ4週間ほどで決算書等をお返し致しますので、

確定申告にしか決算書を必要としない方、借入がなく銀行に提出しなくてもいい

開業間もない方等の経理代行に適しています。


この仕訳数は、次の式で大体の計算ができます。


  銀行通帳の行数+証憑(領収書や請求書等)の枚数



   【 個人・エコエコプランの料金例 】

     月間仕訳数が50仕訳ある場合・・・年間料金計・・・・10,500円


      記帳代行料・・・・750円×12ヵ月=9,000円
      決算料・・・・・・・・750円× 2ヵ月=1,500円
      初年度のみ初期登録料(5,000円)が別途必要です





今お申し込みのお客様には、上記の初期登録料を返金いたします。

期間限定のキャンペーンですので、お早めにお申し込み下さい。

安さの秘密は、一般的な経理代行と異なりお客様の証憑類を郵送や電子データでお預かりするところにあります。


これにより、証憑を取りに行きそれを整理するといった手間が省け、保管や紙コストの削減にもなり、

これほど安く経理が出来るのです。




■全国対応。しかも環境に優しい経理代行

お客様とのやりとりは郵送や電子データで行いますので、通信環境さえ整っていれば、日本国中どんな所でも経理代行をご依頼いただけます。


北は北海道から南は沖縄まで、どんな場所でも、経理代行なら大日経理会計センターにお任せ下さい。



また、当経理代行センターでは、紙の使用量を減らすよう、様々な取り組みを行っています。

とはいえ、経理代行業に紙はつきもの。

陰でどれだけ頑張っても、残念ながらゼロには出来ません。


そこで、私達は皆様から頂戴した料金の一部を植林事業に寄付し、地球への還元を精力的に行っています。

最後に、経理代行について、よく頂く質問をまとめました。

是非これを参考に、大日経理会計センターを前向きにご検討下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。




よくある質問



 Qそちらの会計事務所は、一体何をしてくれるんですか?

 A帳簿や決算書類の作成をします。
  複式簿記のルールに従って作成します。
  このルールで作成しないと、青色申告を利用できません。
  振込みや請求書発行は行っておりませんのでご了承下さい。




 Q具体的には何を作ってくれるんですか?

 A 「仕訳日記帳」「総勘定元帳」「貸借対照表」「損益計算書」です。
   法人の場合は、更に「勘定科目内訳書」も作成します。
   カンタンに言うと青色申告に必要な書類一式の作成です。




 Q時間はどれくらいかかりますか?

 A「エコエコプラン」の場合、書類をお預かりした翌日から4週間以内、
   「通常プラン」の場合、書類をお預かりした翌日から2週間以内
   に決算書等をお渡しすることが出来ます。
   申告時期が迫っている、もしくは銀行借り入れで決算書が至急欲しい
   といった場合は、事前にご相談ください。




 Q私は、何をすればいいの?

 Aこちらに、証憑(レシート、請求書、通帳の控え等)を送ってください。
  郵送やEメールでお送り頂けます。
  証憑のまとめ方や送り先は、お申し込み後メールにてお知らせします。
  なお2~3ヵ月分をまとめて送って下さって結構です。 




 Q経理代行できる地域を教えてください。

 A宅配やEメールによりやり取りしますので、日本国内ならどこでも経理・記帳代行を承ります。




 Q料金の支払い方法は?

 A銀行振り込みのみとさせて頂きます。 




 Q経理代行が安すぎますが、他に費用はかかりませんか?

 A料金プランに記載されていない費用は一切頂きません、ご安心下さい。




 Q料金はいつ支払えば良いのですか?

 Aまず最初に証憑をお送り頂きます。それをもとにこちらで経理処理を行います。
  経理処理が終わった段階で、帳簿類をお返ししますがその際当期分の概算料金をお支払い頂きます。
  従って次回以降の伝票送付の際は、お支払いの必要はありません。

  これは、当社の料金が非常に安すぎる事から、毎月の処理費用をその都度振り込んで頂いては
  振込料の方が高くなってしまう恐れがあるからです。
  その為、仕訳件数の増加等で月々の料金が高くなった場合は、分割でのお支払いも勿論可能です。

  当センターの安さを守るため、このような仕組みをとっているのです。