経理事務.comは、明日の経理マン・経理ウーマンを応援します。

経理実務相互リンク
経理初心者お助け帳


経理実務とは?

 トップページ


 1. 経理の実務について

  • 経理とは、どんな仕事か?
  • 経理実務にはどんな知識が必要か? 
  • 経理の実務が出来ると、どんなメリットがあるのか? 



 2. カンタンな経理実務講座

  • 経理社員のキソ税金講座(法人税・消費税・所得税・源泉税)
  • 重要キーワードの解説(勘定科目・手形小切手・減価償却)




1. 経理実務について


経理とはどんな仕事か?



経理実務には、大きく分けて3つの業務があります。

(1)出納業務・・・現金や預金の調達・支払い・受取・残高管理など
(2)会計業務・・・企業の行った取引を、帳簿に記録。決算書の作成
(3)その他付随業務・・・経営分析・各種税金の申告・IRなど





経理実務にはどんな知識が必要か?



(1)出納業務と(2)会計業務を行うのに必要な知識は「簿記」です。
次に必要な知識は「税金」(特に法人税・消費税)ではないでしょうか。

ただ残念ながら、簿記を勉強したからといって、いきなり経理実務は
出来ません。

経理実務をするには、経理を取り巻く諸法令なども理解しなければなら
ないからです。


実のところ、私も経理をとったばかりの時に
「これで経理実務が出来る」と思って、あちこちの会社を受けたのですが、
どこにも相手にされませんでした。

もしあなたも私と同じ境遇なら、一度私の体験談をお読み下さい。

私がいかにして経理に就職し、どうやって今の経理の知識を身につける事
が出来たのか、お分かり頂けると思います。






経理実務が出来るとどんなメリットがあるか?



経理職のメリットとして一番に挙げられるのが、その「安定性」です。

一言に安定といっても、
「クビになりにくい=職業の安定性」「給料=収入の安定性」
と2つの安定性があります。

経理職のメリットはまだまだありますよ。

それは、経理の知識は「商法」や「企業会計原則」「税法」といった
法令などに基づいている為、よその会社に行っても通用する。

つまりつぶしがきく点です。

営業職だと、なかなかこうはいきませんよね。。。



トップページ



2. カンタンな経理実務講座


経理実務講座(法人税)


法人税は、会社の儲けにかけられる税金です。

会社が計算した「利益」をもとに、税法の「儲け」を計算するもの。
それが『確定申告書』です。

ここでは、「交際費」について、簡単にご説明しましょう。


交際費とは、会社が得意先を接待等するために支出するものです。

会社の決算書上は勿論費用なのですが、法人税では原則費用として
認められません。
(費用として認められないので、儲けに加算します)


(例)会社の計算した利益500万円、交際費100万円の場合

  500万円 + 100万円 = 600万円(儲け)

こうして計算された儲けに税率(30%)をかけ、税金が決まります。


  600万円 × 0.3 = 180万円(税金)


こうして計算された法人税は、決算日の翌日から2月以内に申告・納付
しなければならない事になっています。

ここであげた交際費は法人税の特殊な取り扱いのほんの一部です。
法人税独特の取り扱いを覚えなければ、正しい経理実務は出来ません。

もし、税法も含めた経理実務の知識を体系的に身につけたい人は、
トップページをご覧下さい。
簿記をとって浮かれていた私の恥ずかしい体験談もお見逃しなく!






経理実務講座(消費税)


消費税は、納税者(事業者)と税金を負担している人(消費者)が
異なるので、間接税と呼ばれます。

事業者は、我々消費者から預った「消費税」から、仕入時に支払った
「消費税」を差し引き、その差額を国に納めます。


 納付する消費税額 = 預った消費税 − 支払った消費税


ここで重要なのが、どんな取引に消費税がかかるのかという事です。
それをきっちり知らないと、日常の経理処理はなかなか出来ません。

もし、税法も含めた経理実務の知識を体系的に身につけたい人は、
こちらをご覧下さい。
簿記をとって浮かれていた私の恥ずかしい体験談もお見逃しなく!



これらの消費税も・法人の場合・・・決算日の翌日から2月以内
           ・個人の場合・・・その年の翌年3/31

までに申告・納付しなければなりません。





経理実務講座(所得税)


所得税とは、我々個人の儲け(所得)に対してかけられる税金です。

所得税法では、所得を10種類に細分化し、種類に応じた所得の
計算方法を定めています。(事業所得・給与所得・利子所得他)

その所得の合算したものから、基礎控除・配偶者控除などの諸控除を
差し引き、最終の所得金額が確定するわけなんです。

個人で商売をしている方は、この所得税の申告が必要です。

ちなみに個人事業者の方には「青色申告」という、様々な特典付きの
申告方法があります。


(特典の一例)
・繰越欠損金の所得控除
・青色申告特別控除(最大65万円)
・青色事業専従者給与の必要経費算入

そのかわり、複式簿記にのっとった帳簿付けが義務付けられます。


自分で帳簿をつけたい、でもやり方が分からない、なんて人は、
「これが経理だ」をお読みください。
個人事業者の方には、更に嬉しい特典が!
(最後までお読みください)


ちなみに、所得税の申告期限は、翌年の3/15です。





経理実務講座(源泉所得税)


源泉所得税は、私たちサラリーマンに非常に身近な税金です。
毎月のお給料から、天引きされている“あの”税金です。

会社は、私たちにかわって毎月税金を納めてくれているのです。

ただ、この税金は毎月の給与額から社会保険料を引いた差額をもとに
「税額表」を参照して出したもので、あくまで税金を概算で納めている
だけにすぎません。

年末には、正しい税額との調整が必要になってきます。

それが「年末調整」です。

年末調整は、年末に従業員の扶養者の数や、生命保険の支払額、
会社が支払った給与、社会保険料等から正しい税額を計算します。

それから毎月預っていた源泉所得税と、上で計算された年税額との
差額を本人の給与から控除したり、還付したりします。


ちなみに、源泉所得税の納付期限は預った日の翌月10日です。
(納期の特例もあり・・・半年分を7月と1月にまとめて納付)





経理実務のキーワード・勘定科目


勘定科目とは、会社の取引を記録する際に用いる記録単位のことです。
「現金・借入金・旅費交通費・売上」などがあり、これらは資産・負債・資本
収益・費用のいずれかを表わしています。

例えば、出張旅費を支払った場合ただ「費用を支払った」と記録だけでは
どんな費用か分かりませんよね?
だから、「旅費交通費を支払った」という風に勘定科目を使用するのです。
経理に勘定科目は必要不可欠です。


勘定科目は、会社によって色んな使い分けがされています。

たとえば、ガソリン代。
これを消耗品費(消耗するものだから)で処理する会社もあれば、
旅費交通費(交通費だから)で処理する会社もあります。

もし自分の入社した会社が、どんな時にどういった勘定科目を使ってる
のか知りたければ○○を調べると一目瞭然です。

○○の中身が知りたい人は、こちらをご確認下さい。
使える経理実務の知識が満載です。






経理実務のキーワード・手形・小切手


手形や小切手の記載事項は、それぞれ法律で定められています。

【小切手】
1.「小切手」の文字 2.一定金額の支払いを委託する旨 3.支払人名称 
4.支払い地 5.振出日 6.振り出し地 7.振出人の署名

【手 形】
1.「受取手形」「約束手形」の文字 2.一定金額の支払いを委託する旨
3.為替手形の場合支払人名称 4.満期日 5.支払い地
6.受取人・指図人の名称 7.振出日 8.振出地 9.振出人の署名





経理実務のキーワード・減価償却


減価償却について説明する前に、固定資産についてお話します。

法人税法上は、10万円以上の物を買った場合、これを一時に費用
として処理することは出来ません。

例えば10万円のパソコンを買った場合、これを「消耗品費」などで
落とすことは出来ないというわけです。

この場合は、一旦パソコンを固定資産(備品)に計上し、その後パソコンを
使用できる年数にわたって、パソコンの価値の減少分だけを
費用として処理します。

(何故なら、このパソコンはこの後数年に渡って使用可能だからです。
 ちなみに、この使用可能な年数を、「耐用年数」といいます。)


この費用処理の手続を「減価償却」というのです。

ただし、一定規模以下の会社に限り、例外措置があります。
これを知らないと、会社の税金が増えてしまう恐れがありますので
注意が必要です。



さあ。カンタンな経理実務講座は、以上でおしまいです。

もっと経理について詳しく知りたいっ!という方は、

「これが経理だ。」トップページを一度ご覧になって下さい。




トップ  | 経理実務 | 資格 | 求人 | 代行




© , 簿記と経理を楽しく学ぶ会, Inc. All Rights Reserved.