問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推測しましょう。



売掛金 1,000  /  売上 1,000



普通預金 1,000  / 売掛金 1,000









ヒント)売掛金・・・資産  売上・・・収益  普通預金・・・資産
   

複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。

  
 
「売掛金が増えた/売上げが発生した」
   
「普通預金が増えた/売掛金が減った」





正 解)商品1,000円を売上げ、代金は“掛け”とした。

売掛金1,000円が普通預金に入金された。





補 足)「売掛金」は売上げ代金の未回収高を表す勘定科目です。


ちなみに実務では、

上の仕訳は自社の請求書(控)等から、

下の仕訳は普通預金の預金通帳等から記帳されます。