問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推測しましょう。



普通預金 15,000  /  仮受金 15,000









ヒント)普通預金・・・資産  仮受金・・・負債
   

複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。

  
 
「普通預金が増えた/仮受金が増えた」
   




正 解)普通預金に、内容の分からない入金が15,000円あった。





補 足)「仮受金」は仮の勘定科目です。

内容が分かるまで、仕訳をきらないでいると、預金の実際残高と
帳簿残高の照合が出来ず、業務に支障をきたします。

仮の勘定科目なので、正しい内容が判明すると振替仕訳が行われます。


15,000円は未収入金だった。

仮受金 15,000 / 未収入金 15,000

(これで、仮受金はプラスマイナス0になります)