問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推測しましょう。




引出金 20,000  /  現金 20,000








ヒント) 引出金・・・資本  現金・・・資産
   



複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。

  
 

「引出金が減った/現金が減った」
   







正 解)事業用の現金から、私的な目的で20,000円支出した。









補 足)事業用資金を事業と無関係の私的なものに使った場合、


そうですね、例えば個人事業主が自分に対して給与を支払った

場合とか。(個人事業主の給与は、経費になりませんので)


こういう時は、検定試験では「引出金」を使います。

で、実務では「事業主貸」という科目を使います。


いずれの場合も、決算の際に資本金に振り替えられます。