問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推測しましょう。




預り金 15,000  /  普通預金 15,000










ヒント) 預り金・・・負債  普通預金・・・資産
   



複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。

  
 

「預り金が減った/普通預金が減った」
   





正 解)預り金15,000円を、普通預金から支払った。









補 足)預り金といえば、源泉所得税や社会保険料や住民税などがあげられます。企業は、従業員に給与を支払う際にこれらの

「従業員が負担すべき費用」を国に変わって徴収します。

後日、企業はこれらを国に納付しますので、その納付まではこの金額を預ったお金「預り金」として処理しておきます。


今回の問題は、この納付のときの仕訳です。