問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推測しましょう。




仮払金 50,000  /  普通預金 50,000









ヒント) 仮払金・・・資産  普通預金・・・資産
   



複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。

  
 

「仮払金が増えた/普通預金が減った」
   





正 解)普通預金から、内容の分からない50,000円が引き落とされた。








補 足)仮払金は「内容が不明な支出」を処理するのに使います。

仮の科目なので仮受金と同様、決算では0にするのが原則です。


「支払いの内容は、事務所の電気代だった」とくると・・・

 

水道光熱費 50,000  / 仮払金 50,000

     


「支払いの内容は、借金返済だった」とくると・・・


借入金 50,000  / 仮払金 50,000



それぞれ、こういう仕訳が行われます。