問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推理しましょう。



現 金 700,000  /  支店勘定 700,000







ヒント)現 金・・・資産 / 支店勘定・・・(今回は)負債


複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。



「現金が増加した/支店勘定が増加した」






正 解)支店での売掛金700,000円が、本店にて現金で回収された。






補 足)本店では現金が増えますが、これはあくまで支店の売掛金です。
ですから貸方は「売掛金」ではなく「支店勘定」で処理します。
いつか支店に返さないといけないからです。