問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推理しましょう。



支払手形 1,000,000  /  買掛金 1,000,000








ヒント)支払手形・・・負債 / 買掛金・・・負債 




複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。



「支払手形が減少した/買掛金が増加した」






正 解)以前振り出した手形1,000,000円が不渡りになった。
以前学習した「手形の不渡り」を振出人からみた仕訳です。
ちなみに振出時の仕訳はこれ。

買掛金 1,000,000  /  支払手形 1,000,000

不渡りにより、手形債務が買掛債務に戻るわけですね。