問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推理しましょう。



貸倒損失 1,500,000  /  売掛金 1,500,000








ヒント)貸倒損失・・・費用 / 売掛金・・・資産


複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。



「貸倒損失が発生した/売掛金が減少した」







正 解)売掛金1,500,000円が貸倒れになった。



補 足)貸倒れになるとは、回収不能になるという意味です。

企業は通常、貸倒れに備えて「貸倒引当金」を設定します。
(と言っても、別の口座にお金を貯めたりする訳ではありません)

「貸倒引当金」が設定されている場合は、先に「貸倒引当金」の取り崩しを行います。

(例)貸倒引当金が1,000,000円あった場合

貸倒引当金 1,000,000/売掛金1,500,000
貸倒損失   500,000


損失が500,000円だけになっているのが分かりますね。