問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推理しましょう。



賃借料 40,000 / 普通預金 40,000








ヒント)賃借料・・・費用 / 普通預金・・・資産


複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。



「賃借料が発生した/普通預金が減少した」






正 解)賃借料40,000円を普通預金から支払った。



補 足)賃借料も企業によっては「リース料」という科目で処理されます。

ちなみに、リース会社に払う代金は必ずしも賃借料等の費用で処理できる訳ではありません。

リース取引であっても、その実態から「資産の売却」とみなされる場合もあるからです。

その場合の、毎月の支払金の処理は「未払金/普通預金」として処理されます。