問 題)下の仕訳から、企業の行った取引を推理しましょう。



現金過不足 1,000  /  通信費 1,000








ヒント)現金過不足・・・特殊 / 通信費・・・費用

複式簿記のルールに従うと、上の仕訳は次の様に分解できます。



「現金過不足が減少した/通信費が減少した」






正 解)以前処理していた「現金過不足」のうち、1,000円は通信費の過大計上であることが分かった。


補 足)「現金過不足」の相手科目が「現金」の場合は、今現在の現金に過不足が生じていることを意味し、相手科目が「現金」以外である場合は、現金過不足が解消したことを意味します。